ジフルカンはファイザー製薬から出ている真菌薬で、カンジダ症など感染症の治療に用いられることが多く、細胞膜の生合成を阻害することで殺菌することができます。

色々な薬
  • ホーム
  • 郵送検査とジフルカンの個人輸入で遷延性うつ病の克服

郵送検査とジフルカンの個人輸入で遷延性うつ病の克服

ジフルカンは抗真菌薬として汎用されているものです。
ジフルカンによって治療ができる疾患としてカンジダ症やクリプトコッカス症があり、飲み薬であることから深在性の真菌症に対しても有効であるということが特徴です。
カンジダやクリプトコッカスは人から人へともうつる伝染病であり、特にカンジダは皮膚や腸管などに多くの人には常在菌として存在しています。
そのため、免疫力が低下したときにカンジダ症を発症してしまう人は多く、それを苦に思う人は少なくありません。
特に性器カンジダ症に感染してしまった場合にはそのカビの生えるような症状が見た目にも醜悪に感じられて精神的に患ってしまう人もいます。

特に女性で症状が出やすいこともあり、遷延性うつ病の原因となることもあるのです。
ジフルカンによる治療が可能であるものの、遷延性うつ病になるほどのショックがあるために切り出せないことも珍しいことではありません。

そういったときに有効なのが郵送検査です。
検体を自分でとって郵送することで検査をするサービスが提供されていることから、これによってカンジダ感染であるかどうかということを明確にすることができます。
郵送検査の結果通知を受けて妖精となってしまっていた場合には、ジフルカンを個人輸入で手に入れるということにより医師の診断を受けずとも治療を行っていく事が可能になります。
そういった抜け道を通ることによって心理的負担を和らげることが遷延性うつ病になることを防止したり、遷延性うつ病からの回復につながったりする可能性があります。
決してストレートな対策ではないものの、そういった解決法によって性病とうつ病の両方を同時に解決できる可能性があることは覚えておくに越したことはないでしょう。